留学の効果はいろいろあります

###Site Name###

日本人は英語を話せないといわれ、留学の必要性は昔からいわれてきた。

留学することによって日本語を使える環境をシャットアウトし、英語しか使えない環境にすることで上達アップをはかる方法である。

しかし、日本語OKのホテルに泊まり数週間遊んだだけの、なんちゃって留学では留学した意味がなくなってしまう。

また、英語などは世界語などと呼ばれ、なまりも数多くあることからそれをすべて聞き取るのは不可能である。
ヴァイリンガルと呼ばれる人でもアメリカ英語、イギリス英語2種できればいいほうである。
留学で外国語を習得しようとするならば話すことを積極的にするようにしたい。

留学の情報の情報ならこちらにお任せ下さい。

それで会話が成り立てば、相手が何かしゃべる。
それを聞く。

留学のカナダで快適な暮らしを実現しましょう。

そして話す。
このサイクルをできるだけ増やしたい。

間違って話せばすぐ言ってくれる人なら理想だ。

留学で学びたいとすれば、外国の文化や日本と違う性格の人々にじかに触れることも大事だろう。

外国がどうこうというより、より深く日本を知ることになる。

日本と日本語を知ることが大事なのは、翻訳の世界でよく言われることで、外国語ペラペラにならなくてもそれができたら留学大成功といえるのではないか。
留学の効果、ということを検証してみるために身近なものがある。
相撲の世界での外国人力士ある。それこそ日本語という外国語ぺらぺらな人たちの集まりである。外国に来る、閉鎖的な空間のなかで外国語しか使えない場所に身を置く。
部屋のおかみが粘り強く教えてくれる。多くの外国人のなかで運動しながら外国語をしゃべる。
それはうまくなるわけだ。



こうやって見ていくと外国語ぺらぺらになる条件は生活する、ということに他ならないことに気付く。


もうすでに長期の留学をしてきた人はたくさんいるのである。

帰国子女という人たちだ。

5年とか10年とかアメリカなどで生活しているんだから究極の留学スタイルといえるかもしれない。
帰国子女とはいかないまでもできるだけ生活に近い留学をして意味のある留学にしたいものだ。